アカウントが凍結されました…

ある日、メールボックスをチェックしていると
見慣れない件名のメールが届いています。


差出人は「Amazon」


おそるおそるgoogle翻訳で翻訳をしてみると…

「あなたのアマゾン販売の特権が削除されました」


その瞬間、背中に一筋の汗が、
ツーっと伝わるのを、感じます。

そうです。
アカウントの凍結です。


Amazon輸出を行われているあなたであれば、
十分に想像が出来ることだと思いますが…

頭の中には、次のようなことが、
次々と思い浮かんでは、消えていきます。

つまり、かなりの高確率で

Amazon輸出から永久退場を余儀なくされる

ということです。


また自分の手で稼ごうとした場合には、
ゼロから他のビジネスを始める必要があります。


考えてみてください。

Amazon輸出を軌道に乗せるのは簡単でしたでしょうか?
また、どれくらいの時間が掛かったでしょうか?



ある程度のビジネス感が養われているとはいえ、
他のビジネスを軌道に乗せるには、
それ相応の、時間的、金銭的な投資が必要になるでしょう。


もちろん、それまでの間もお金を稼ぎ、
自分、そして家族の生活費を稼ぐ必要があります。

場合によっては、再就職をする必要があるかもしれません。
もちろん、再就職が可能であればの話ですが…。

さらには、

社会的な信用を失うかもしれません

売上げが留保されるということは、
キャッシュフローが完全に止まることを意味します。


ある程度余裕を持った資金繰りをされていれば
全く問題はありません…


しかしながら、場合によってはクレジットカードの引き落としまでに、
代金を用意することが出来ないという可能性があります


そうなった場合、クレジットカードの利用を止められるばかりか、
あなたの社会的信用に、傷が付いてしまいます。

それが、とんでもないデメリットであることは、
想像に難く無いでしょう。

今、この瞬間に対策が必要です

ここまでお読みいただいたあなたであれば、
Amazonのアカウントを守る必要性は、
十分に感じておられることでしょう。


しかしながら、あなたはこうも思われているかもしれません。


「Amazonが明確な凍結基準を出していない以上、
対策しようが無い!」



まさに、その通りなのです。


ですが、様々な凍結事例を集め、試行錯誤することで、
あるポイントを押さえておけば、凍結を避けられる
ということが
判明いたしました。

それは、

権利侵害の可能性がある商品を徹底的に排除する

ということです。


Amazon輸出で、アカウントを凍結される一番の理由

それは、「商品の権利保持者からのAmazonへの申し立て」


つまり、あなたが販売権を持っていない商品を出品してしまい、
商品の販売権を侵害してしまっている場合です。


簡単に言えば、そういった商品を出品商品から除外することで、
アカウント凍結のリスクを、抑えることが可能になります。

数十万点もチェックしろって??

あなたは心の中で、こう叫んだのではないでしょうか?

Amazonでの無在庫輸出をされている場合、
通常、数万点~数十万点の商品を出品しています。

その、全ての商品を目視で対策するのは、限界があります

もっとはっきり言ってしまうと、「無理」です


というのも、これら2つの「壁」があるからです。

一つ目の「壁」を越えるのは、理論的には簡単です。

それは、

日本製以外の商品を、除外する

ことです。

では、日本製かどうかを見極めるにはどうすればいいのか?


それは、その商品のJANコードがわかれば解決します。


JANコードから、日本の商品を分別し、
それらの商品だけを出品すれば、

他社の権利を侵害する可能性を、
かなり減らすことが可能です。


さらには、日本以外の商品の出品をさけることで、
商品の準備に時間が掛かる並行輸入品を出品してしまい、

Late shpment rate(出荷遅延率)が上昇し、
アカウント審査、停止や、カート取得が困難になるのを
予防することも出来るというメリット
もあります。


しかしながら、数万点~数十万点におよぶ全ての商品のJANコードを、
ひとつひとつ調べるのは、膨大な時間が掛かります


そんな悠長なことをしている間に、
あなたの大切なアカウントは、
凍結されてしまうかもしれません。



それを回避する為には、

ASINからJANコードを一括で取得すればいい

のです。


つまり、あなたは次の3ステップだけで、
アカウントの保守を行うことが出来るのです。 出品数にもよりますが、時間にして
わずか、数十分~数時間で、アカウントの保守作業が完了です。

簡単すぎて、拍子抜けをしてしまうかもしれません。

にもかかわらず

メリットは数え切れません

たったこれだけで、

といった、メリットを享受することが出来ます。


それを、可能にするツールを、

あなたは手に入れたくありませんか?

今回、私が開発したツール、JANCDtoASINをお使いいただければ、
先ほど挙げたメリットを享受していただくことが出来ます。

当然のことながら、
ツール自体の使いやすさにも、とことん拘りました


今回、このツールの開発には、
元SEの私が畏敬の念を抱いてしまう程の、
明晰な頭脳を持つプログラマが携わっております。

同様のツールがほとんど無いのが現状ですが、
もしこれから同様のツールが開発されたとしても、

データ取得スピードは、最速の自信があります。

そう胸を張っていえるほどの速度を、実現しております。


また、数十万件という膨大なデータ量を処理しても、
なんの問題も無く動作し、データを取得することが可能です。

既にこのツールを使用している方から、感謝の手紙が届いております

海外製品をはじくことができるというのは、アカウント保守のためには極めて重要と感じています。 アマゾン輸出 松下さん

まず、このような便利なツールを提供していただいて
本当にありがとうございます!

JANコード取得のプログラムを
外注で作って貰うことを検討していたのですが、

JANCDtoASINを見つけられたことで、
大幅に時間も予算も削減することが出来ました



私はAmazon輸出をメインで行っていますが、
輸出販売を行う上で(特に無在庫販売では)

JANコードがないと様々な面で
効率的に管理を行う事が出来ないと感じていました。


具体的には下記の様な点で非常にメリットを感じています。
・商品選定時に海外製品を容易にはじくことができる。

・商品DBにJANコードを持たせることでオーダー管理/入出庫管理が容易になり、誤発送などのミスを防ぐと同時に効率的な発送フローを構築できる。

・発注時のミスや非効率を避けることが出来る。

特に1つめの、海外製品をはじくことができるというのは、
アカウント保守のためには極めて重要
と感じています。



実際に出品開始当初に、海外AmazonからASINを収集し、
闇雲に出品をしていたときに、

商品調達までに2~3週間かかるような
並行輸入品が立て続けに売れてしまい、
本当に焦ってしまいました。


なんとか、お客様に説明をして、
ネガティブフィードバックを貰うことなく、
キャンセルをして頂いたので

アカウントに傷はつきませんでしたが、
対応を間違えていたらカート獲得の条件を満たすまで
相当な時間が必要になっていたと思います。


もちろん、出品時に商品名などでフィルターをかけてはいたのですが、
「並行輸入」という記載がない並行輸入品が数多く存在しており、
それらを効率的にはじくにはやはりJANコードを取得する以外ない
と思います。


出品開始当初は、何か問題があるとすぐに
アカウントヘルスが大幅に悪化してしまうので、

アカウントを守るためにもJANコードの取得はマストと感じております。


JANCDtoASINの素晴らしい点は、
1:当たり前ですがJANコードが取得できること(笑)、
2:そしてデータ取得スピードが非常に速いということ、
3:処理件数が多くても問題無く稼働すること
だと思います。

またJANからASINを取得することが出来るので、
これについてもいろいろな活用法がある
と思っています。

JANCDtoASINを使ってもう一段高いレベルで
販売/管理を行えるようになると思いますので

これからどんどん活用していきたいと思います。

本当にありがとうございました!

ASINからJANコードを変換して、海外製の商品販売を停止したところ、権利侵害のメールはピタッとやみました。 アマゾン輸出  南さん

上級者向けになるかもしれませんが、
海外販売するときには欠かせないツールです。

ASINだけでは、その商品が、海外製なのか日本製なのか判断付きません。

ある日、大量の商品を無在庫販売していたときに、
次から次へとメーカーから権利侵害のメールが入り、
危うくAmazonのアカウントが止まりそうになりました。

そんなときに、矢崎さんのツールを発見して、
ASINからJANコードを変換して、海外製の商品販売を停止したところ、
権利侵害のメールはピタッとやみました


1万件でも、数十分で変換してくれるので、待ち時間も要りません

自分で開発しようとすると、結構な費用がかかるので、
かなりお値打ちなツールだと思います。

ASINはころころ変わるので、JANで管理したいという人にもお勧めですね。

誰も、売っていない、
玄人向けのツールを作ってくださった矢崎さんに感謝です。


よろしくお願いいたします。

今回は、特典も大盤振る舞いいたします!

無償アップデート権

ツールがアップデートした場合、
無料でアップデート版をインストールいただけます。

※バージョンアップ版については、有償でのご提供となる場合がございます

矢崎開発ツールの先行優待価格購入権

先日好評の為、早期に販売を打ち切った「Amazon Extractor」もそうでしたが、私は、新たなツールを販売する際、ツールを愛用して下さっているユーザー様に、優先的に、また優待価格にてご提供をいたしております。

今回、こちらのツールに次回以降のツールを
優先的に、そして優待価格にてご案内さしあげる権利をお付けいたします。

矢崎へのツール制作相談権

あなたが欲しいと思った機能を搭載したツールが存在しない。
そんなときは、是非私にご相談ください。

プログラマーのスケジュールの都合もあるため、
全てのツールの開発のお約束はいたしかねますが、
ご要望の多いものについては、開発を検討させていただきます。

あなたのAmazonアカウントの価値はいくらですか?

低く見積もって、あなたが現在、
月10万円をAmazon輸出で稼いでいるとしましょう。

1年にすると120万円の利益ですね。

月30万円なら、1年で360万円。
月50万円なら、1年で600万円。
月100万円なら、1年で1200万円。


それでは、今メールボックスを開いたら、
Amazonから、忌々しい「アカウント凍結メール」が
届いたとしましょう。

おそらく、背中に一筋の汗が流れ、
指先は震えだし、目の前が真っ白になるでしょう。


あなたにそれが来るのは、

1年後かもしれませんし、
1ヵ月後かもしれません。

あるいは、1週間後かもしれませんし、
3日後かもしれません。

もしかしたら、この手紙を閉じた数時間後に、
突如として、そのメールが届くかもしれません。


いえ、この瞬間に届いている可能性すらあります。


そのあなたの大切な資産であり、ビジネスの仕組みである、

そして、あなたや、あなたの大切なご家族が、
穏やかな、時にはエキサイティングな人生を送る為の大切な、
Amazonアカウントの価値は、

もはや金額だけで量れるものでは無いでしょう。


便宜上、数値で考えて見ましょう。


月に10万円稼いでいるとしたら、
凍結したアカウントを解除するのに、
以降の利益を考慮して、
10万円を使っても惜しくないと思うことでしょう。


しかしながら、実際は10万円を払ったところで、
凍結したアカウントを復活させるのは、ほぼ無理といっても、
過言ではありません。


今回、私が開発した、
Amazon輸出用アカウント保守ツール「JANCDtoASIN」は
特別価格の29,800円でご提供させていただきます。

たった1回、29,800円をお支払いいただければ、
あなたがAmazon輸出を行っている間、
ずーーーーーっと、お使いいただくことが可能です。

果たして本当にそれだけで回避出来るのか?

あなたは、その様な疑問を持たれるかもしれません。

もちろん、Amazonのアカウントの凍結理由は様々です。

しかし、無在庫の大量出品において、
一番気をつけるべきなのは、やはり、

他社の権利を侵害しないこと。


それだけで、アカウント凍結リスクの、
91%までは、回避済みと考えて差し支えありません。
※この数値は、実際に使っていただいている方にアンケートをとり、
その低いほうを記載しております。

※JANが登録されていないものは変換できません

こうしている間にも、権利侵害の申し立てをされているかもしれません

もしあなたが、全ての商品をチェック済みだと、
胸を張って言えるのであれば、

お力になれることは、ありませんので、
今すぐ、ページを閉じていただいて構いません。


もしそうでないなら、今すぐに、私のツールをゲットし、
権利侵害の申し立てをされる可能性がある商品の出品を削除し、

なにものにも怯えずに、ビジネスが出来る環境を、
整えることを、強くお勧めいたします。

お支払が確認出来次第24時間以内にダウンロード先、ライセンスをメールでお送りいたします。
よくある質問
Q 100%外国製品排除できますか?
A 100%は出来ません。ですがほとんどは可能です。
例を出すとアメリカのスピードスタックス社のライセンス生産をタカラトミーがやっています。 だからJANは当然45、49で始まります。そういう商品は外国の商品なのか日本の商品なのか判別できません。
JANCDtoASIN動作環境
CPU Intel PentiumⅢ以上(Pentium Ⅲクラス、1GHz 以上推奨)
メモリ 1GB 以上
ハードディスク 200MB以上
OS Microsoft Windows 8(推奨)
Microsoft Windows 7(推奨)
Microsoft Windows 10(推奨)
※日本語のみ対応(Japanese only)
Microsoft Excel エクセル2003以降で動作確認が取れています。
その他 ※1.ネットブックなどのミニPCでの動作は保証していません。
※2.JANCDtoASINの起動にはインターネット環境が必要となります。
※3.アマゾンの画面の仕様変更に伴う返金は承りません。
※4.Macをご利用の場合、ブートキャンプ等でWindows環境を作ればJANCDtoASINを動作させることは可能です。ただし、この場合サポートの対象外となりますので、自己責任においてご利用ください。
※5.動作環境として.Net Frameworkの3.5以上のバージョンが必要となります。
(Windows 7をご利用の場合は、既に.Net Framework4.0がインストールされた状態になっています)
※注意事項 上記はJANCDtoASINを動作させるために必要な最低限の環境であり、
上記環境を満たす場合でも、100%の動作保証を行うものではありません。

追伸

お手紙の中盤でも申し上げましたとおり、
私の知り合いでも、取り扱うべきではない商品を取り扱い、
Amazon輸出から永久退場となった方が多数おります。


売上金を留保され、
それまでの仕組みを全て奪われた状態の知り合いに残された道は、

まっさらのゼロの状態から、
あらためて別の戦場でビジネスを組み立てることです。


一度組み立てたビジネスの仕組みが崩壊した虚無感のなか、
ゼロの状態から歩き出すのは、かなりメンタルが強くなければ出来ません。


あなたはそういった方々と同じ道を歩む必要はありません。
そして、歩んで欲しくありません。


必要なのは、今すぐに、アカウントの保守をすることです。


ゼロから進むより、今の売上げ、今の仕組みを確保したまま、
Amazon輸出で、成長を続けるほうが、数万倍も楽です。

もちろん、他に稼ぎの軸を増やしたければ、
Amazon輸出という大きな柱を残したまま、
他のキャッシュポイントを増やすことも可能です。


悩んでいるうちに、アカウントが凍結されたということが無い様に、
くれぐれもご注意いただければ幸いです。

ここまで、お読みいただきありがとうございます。

あなたの輝けるAmazon輸出ライフを、
陰ながらお祈りしております。

矢崎正吾